電話エッチ

 あれは、新型コロナが蔓延する前の話です。
21歳の私は、おじさんフェチでした。
40代や50代の男性が好み。
年齢が近い男性は、すごく子供っぽくて無理。
思いっきり甘えたい私は、中年男性に心惹かれることが多々ありました。
だから、大学の中でも彼氏がいません。
欲求不満もあって、おじさんにオナ指示出して欲しいって思っちゃって、電話エッチやってみることにしました。

 40代や50代の男性に向けて、掲示板投稿していきました。
電話エッチは気軽なのか、多くの女の子たちの投稿があります。
多くの投稿の中から、私を選んでくれる人が出てくるのかな?
楽しみな部分でした。

 40代男性からの連絡。
無料通話アプリで、電話エッチを楽しもうと、提案して貰えました。
LINE交換して、ステキな年齢のおじさんにオナ指示を出して貰うことになりました。
テレセ

 相手の男性、やっぱり落ち着いていてステキでした。
「本当に女子大生なの?」
「はい・・私、年がずっと上の人の方が好きなんです」
「甘えん坊なの?」
「はい・・・かも・・です」
「若い女の子は、どんなパンツなの?」
「今日は、黒字に白のドットです」
こんなさりげないやりとりから、私のハートは刺激をされていきました。
不満も手伝ってか、男性の言うがまま。
「パンツの上から触ってみようか」
「はい・・・」
刺激的な電話エッチの始まりでした。

 とにかく相手の人が落ち着いていて、それでいてうっとりとエロい気分を味あわせてくれちゃって、凄い没頭してしまいました。
いつの間にか全裸にさせられて、一生懸命オナニーをしてしまっていた私。
男性の提案で、センズリ鑑賞することにも。
中年男性の大きなオチンチンに、心が夢中に。
私も、男性に自分の裸を見せてあげてしまったのでした。

 数回の電話エッチの後、ホテルで熱い営みを作りました。
まったりとしたスローセックスに、滅茶苦茶アクメ感じてしまっていた私だったのでした。
だから中年男性は最高なんです。
電話エッチ掲示板
テレエッチアプリ

error: Content is protected !!